板橋の家

  • 狭小地
  • 都市部の家
  • 3階建て住宅

木造耐火建築/3階建て住宅/狭小地

「板橋の家」は13坪弱の狭小地に建ち、防火地域内の3階建てのために鉄筋コンクリートや鉄骨造に準じた耐火建築物としています。

外壁は厚さ35mmのALC板+16mmの防火サイディングの2重貼り。

内部は柱、梁、床下地に21mmの強化石膏ボードを2重貼りとして内外ともに特殊な耐火被覆が必要な仕様です。

外周で23cmの厚みの壁、一般部でも18cmと木造住宅では考えられない分厚い壁になりました。

敷地が限られた上に、分厚い被覆のため、構造壁を外周部に集中させて内部空間を広くとれるように計画をしました。

耐火建築物の特殊な仕様であっても無垢材の床と階段・造作工事・家具工事により

田中工務店定番のいつもの空間がここにあります。

  

敷地面積: 42.48m²(12.85坪)
1階床面積: 29.80m²(9.01坪)
2階床面積: 31.24m²(9.45坪)
3階床面積 23.76㎡(7.18坪)
延床面積: 84.80m²(25.64坪)
建築面積:

31.24m²(9.45坪)

バルコニー:

 7.48㎡(2.26坪)

小屋裏収納:

 11.83㎡(3.57坪)

 

設計・施工 田中工務店
現場監督:  伊藤 慶夫

外観

 

外観1

防火サイディングの外壁

外観2

 

バルコニー

 

外観3

 

 

 

玄関

 

玄関

造作による玄関収納

 

 

 

1階和室

 

1階和室1

 

 

 

洗面脱衣所

 

脱衣室

造作の洗面化粧台と収納

 

 

  

1階階段下トイレ

 

トイレ1

階段下の空間を利用したトイレ
奥の収納はトイレットペーパーや掃除道具が入る造作家具

 

 

 

階段(1階から2階)

 

階段1

段板は無垢の唐松パネルを使用

 

階段2

2階のLDKへとつながる開き戸は
強化ガラスに和枯れを挟んだもの

 

 

 

2階LDK

 

キッチン1

キッチンから階段を望む
奥に見えるのが和枯れの框戸

 

キッチン2

カウンターはステンレス
シンクをダイニング側にレンジを壁側に設えた

 

キッチン3

 

ダイニング2

 

ダイニング1

ブラケットまわりの色の濃い壁面は
コルクタイル貼り

 

ダイニング

ダイニングより畳コーナーを望む
引違い戸には和紙を張りアクセントに

 

ダイニングアップ+マガジンラック

 

 

 

階段(2階から3階)

 

階段スリット

鉄骨のスリット階段
段板の唐松パネルを加工し、薄く軽やかに見せている

 

3階洗面2

3階階段上り口に設えた造作の手洗い
洗面台と三面鏡の間に窓を設け通風・採光を確保します。

 

 

 

3階寝室

 

寝室1

床は唐松の無垢フローリング

 

寝室3

造作のTVボードと収納

その他の施工例もぜひご覧ください
新井の家
青戸の家
けやきの見える家
荒川の家Ⅲ
町屋の家