防耐火性能

地域の基準に対応した木の家の防耐火性能を実現

火災時の安全性能も確保

 

 

地域で異なる防火基準に対応

さまざまな防火基準地域に対応する防耐火性能を確保

都市部では、「防火地域」、「準防火地域」、「法22条地域」、「新防火地域」など、地域の実情に応じて、様々なレベルの防耐火性能が求められています。

 

特に人口が密集する東京都は、ほとんどの地域の建物で、レベルの高い防耐火性能が求められます。木造住宅でも様々な工夫により、地域の要求レベルに応じた防耐火性能を確保することができます

 

田中工務店では、木の家の適切な防耐火性能を確保しています。

 

 

 

 

地域で異なる防火基準に対応

木造でもできる火災に強い家

法22条地域、準防火地域、防火地域と、規制が厳しい地域ほど、また、3階建てなど規模が大きくなるほど、建物に対する防耐火性能の要求も厳しくなります。

 

木は燃えますが、燃えにくい構造にすることで、構造躯体に木材を使うことはもちろん、仕上や建具にも木材を使用することが可能です。

 

 

田中工務店の工夫①

(燃え代設計を活かして木を見せる)

通常よりも太い木材を構造躯体に使用する事で、火災時に構造躯体が燃え尽きる事なく、 建物を安全に支える事ができます。

 

田中工務店の工夫②

(耐震性能にも配慮)

吹き抜けに面した開口部は、耐震と防火を兼ねた燃えない金属ブレスを使用。

 

田中工務店の工夫③

(外装の延焼防止性能を確保)

屋根や外壁は、周囲の防災から家を守る重要な箇所です。原則として鋼板などの不燃材料を用いて延焼を防止します。

 

田中工務店の工夫④

(建具や手すりをアクセントに)

防火性能が証明された木製戸や、仕上げとしての木製格子など、建物の防耐火性能に支障ない範囲で用いることで、外観に木のアクセントを与えることができます。

 

田中工務店の工夫⑤

(家の中にバルコニーを作る)

延焼ラインから外れるインナーバルコニーを作ることができます。