自然素材の収納・家具

住まう家と人を知っている 〜大工がつくる家具〜

大工仕事は構造材の加工のような大きな物から人の手に直接触れる造作材などがあります。家具作りは、どちらかと言うと大工仕事の部類ではありませんが、弊社の大工はものづくりが好きで細かい仕事を厭いません。ベテランの大工が、その家にあった材料、大きさでつくります。

 

大工が作る家具

田中工務店の考える家づくりは、商品を売ること、ただつくることでは無く、住まい方、暮らし方の提案を形にすることだと考えています。

 

商品として規格化、工業化されたものも決して悪くは無いですが、出来た物に暮らしや住み方を合わせる事が注文住宅だと言えるのでしょうか?出来る限り、その家・住まい手にあったものをつくることが本来の家づくりです。

 

家づくりは日本の伝統でもある物づくりの原点でもあるのです。骨組はもちろん、手に触れる造作材から家具づくりまで現場・加工場で大工の手によりつくりこまれ、形にされた家づくりはいかがでしょう。特に家具は暮らしの中でも重要な位置づけだと考えています。

 

下駄箱、食器棚はもちろんのこと、時には洗面台、キッチンなどの造り付け家具とテーブル、ちゃぶだい、ベンチなどの置き家具まで大工に手によるオリジナルなものが田中工務店の家では、可能です。

 

大工が家具をつくる風景

田中工務店には18歳の新人から初代を知る70歳のベテランまで総勢6人の大工が所属しています。

 

電動工具だけで家がつくられる時代にあって、彼らはノミ、カンナ、ノコギリという、あたり前に大工道具を使う手仕事・手技を活かせる仕事を求めて、田中工務店に所属しています。

田中工務店の大工がつくる自然素材家具たち

押し付けず、何気なく使っていただけるデザイン。
田中工務店のちゃぶ台・家具・木の小物は、安心できる自然素材で、ひとつひとつが大工の手作りです。

 

その他の施工例もぜひご覧ください
雑司ヶ谷の家
松江の家
阿佐谷リノベーション
新井の家
田端の家Ⅱ