「荒川の家Ⅲ」現場ブログ始めました。

イベント情報など 2019年02月08日

 

「荒川の家Ⅲ」の現場ブログを始めました。

 

 

 

「荒川の家Ⅲ」

北側が道路に接し、3方を住宅に囲まれた

間口5m・奥行き15mの細長い敷地にある

木造3階建て在来工法の住宅です。

 

限られた間口の中で車庫とアプローチを並列させるため、

窮屈にならないようなるべく建物の有効間口を広げながらも

十分な耐震性能を確保する必要がありました。

 

間口を広げる一つの解決策として

「町屋の家」や「荒川の家Ⅱ」のガレージで用いた

筋違いと構造用合板の幅91㎝耐力壁を重ねる方法では狭さを感じてしまうため、

平角柱と柱脚金物による狭小耐力壁「ベースセッター」を採用しました。

従来の方法に比べ、56㎝間口を広げるとともに耐震性も確保しています。

構造見学会時にはベースセッターについても詳しくお伝えします。

 

 

1階には

1階の床面積の1/3を占める土間玄関があり、

可動間仕切りによる開放的な洗面所と

さわらを天井と壁に用いたハーフバス、

中庭へと視線が続きます。

玄関土間にはモルタル調のタイルを貼る予定で

シャビーシックな感じになりそうです。

 

写真はイメージです。

 

2階はキッチン、リビングダイニング、小上りと

ひと続きのスペースに段差を設けた空間となっています。

段差により、生活にリズムがうまれ、

同じフロアでも関係性に変化をもたらします。

 

写真はイメージです。

写真はイメージです。

 

ダイニングの上部には吹抜けがあり、

3階の共有・こどもスペースへとつながります。

 

写真はイメージです。

 

1階から3階までタテ方向にも解放感溢れる間取りとなっており、

空調設備は全館冷暖房システムとしています。

家中どこでも、ほぼ同じ温度に保ちます。

さらに太陽熱も利用して暖房、

廃熱を利用した給湯、

全熱交換による換気

太陽光による発電

全てをOMXというシステムのもと

省エネと快適性の両立を実現します。

 

写真はイメージです。

 

 

 

快適で熱負荷の少ない暮らしには

システム以外に断熱性能と気密性も非常に大事になります。

外皮性能を示すUa値は0.46(6地域基準値0.87 ZEH基準値0.6)

気密測定(C値)も実施する予定です。

 

昨年の3月に改正された告示による

構造用MDFの使用等により

耐震性を示す耐震等級は最上級の3としています。

 

造作の家具も多く、随所に田中工務店のデザインコードを

ちりばめたつくりとなっています。

小上りには定番のムカデ収納や掘り座卓があり

造作のキッチンや板貼りのハーフバスも魅力的です。

 

「荒川の家Ⅲ」の現場ブログも是非ご覧下さい。

 

 

構造見学会・完成見学会などの情報も随時お知らせします。