施工例:長期優良住宅

長期優良住宅

弊社の性能は長期優良住宅を基本として性能を担保します。
構造の安定(耐震性能)/ 劣化の軽減 / i維持管理への配慮 / 温熱環境 (断熱性能)の性能等級を最低限として+αの性能を標準として設計施工を行っています。
(詳細は性能ガイドブックをご覧ください)
特に温熱環境に関しては現行基準の40%増しの性能、構造安定に関しては3等級にするべく許容応力度計算を全棟行っています。

※長期優良住宅は階段を除く1の階の面積が40㎡以上 合計で75㎡以上という面積での認定基準があります。
狭小地では面積が満たず長期優良住宅の認定が受けられない場合もあります。
その場合は同等の優遇措置が受けられる認定低炭素住宅とすることも可能です。
また長期優良住宅等に関する補助金の交付、事務手続きも積極的に行っています。