MENU

閉じる

会社案内

ご挨拶の言葉に替えて

三代目代表  田中健司
株式会社  田中工務店
三代目代表 田中健司
二代目
弊社施工の女優 京マチ子邸
にて初代、二代目

我社はこの小岩で町場工務店として生きています。
祖父である初代から数えて私が三代目の代表です。
木造住宅の新築と改修(リフォーム)、建てた家の保守、点検、手入れなどの「家守り」が主な仕事です。
東京と言う、都市で暮らす事は建築条件が厳しい(狭小、変形、密集、防火)とは言え、住み慣れた地と利便性は捨て切れません。
そんな地域であっても豊かな暮らしを木の家で提案出来る事が大切だと思っています。
工務店はハウスメーカーの真似では無く、彼らに出来ない術を見出しながら独自の設計・施工術を持つべきだと考えています。

全てを工業化に頼る事無く、自然素材・無垢の木をバランス良く使いながら職人の手仕事も残した家づくりです。
業界では自然素材ブームが終わりつつあると言われますが元々は化学物質問題に対しての自然素材ブームであり流行で捉えるが故なのです。
我々は自然素材、無垢の木を基本としており流行り廃りで家づくりはいたしません。
工務店の家造りは流行を追う事で無く、ある部分では変わらずに定番であるべきです。

そんな、やり方で10年たったら違いのわかる家をつくりたいと考えています。
もちろん「いい家」は自然素材、自然エネルギー、断熱材だけではかないません。
豊かな暮らしを実現できる空間をつくりだせる設計力・デザインセンスも必要です。

今やつくる事だけが工務店の仕事では無いと考え、設計・デザインも重視しています。
田中工務店の家は誰にでも理解され、好まれる家造りでは無いかもしれませんがそれらを価値として認めて下さるお客様とのお付き合いを求めております。
設計を練り込んで、つくり込みをして、建てた後は「家守り」管理工務店として地域に根差していきたいと考えています。

代表取締役 田中健司

 

田中が業界誌に連載をしていた記事をお読み頂けます。

 

ようこそ田中工務店へ

田中工務店は、東京の街中にありながら、木材加工場で大工が作業しているような今どき珍しい工務店です。

家づくりの現場と設計が一体で取組む、私たちの場所をご紹介いたします。

 

>>くわしくは「ようこそ田中工務店へ」をご覧ください

tanaka-koumuten-gaikantanaka-koumuten-mokuzai
tanaka-koumuten-mihon

 

 

田中工務店の家づくりの理念とテーマ

「住み継ぐ家をつくり継ぐ。」

私たちは時の経過とともに、その価値がますます明確になってくる住まいをつくりたいと考えています。
そうした「長い時間で考える」という発想を大事にすることで、環境に配慮した家づくりに向かう大切さがわかってきました。
またその土地柄ゆえ、限られた空間に最良の質を有する住まいをつくることも私たちの目指すところです。
そんな『町の住まい』をつくり続け、しっかり守っていく。
それが私たちの価値であり、役割であると考えるのです。

■「長い時間で考える」という発想を持つ

 ・時間の経過とともに、その価値が明確になってくる住まいをつくる

 ・価値を維持、向上させるように、提供した家を守り続ける

 ・持続できる経営、人材育成を行う

 ・未来の子供たちに、豊かな環境を残すことにつながる家づくりを行う

■確かな施工技術、確かな設計技術を持ち、それを提供する

 ・工務店の本質的価値は「ものづくりの技術を持つこと」であると考える

 ・ただ「箱」を提供するのではなく、豊かな暮らしを生み出す空間を提供する

■良質な『町の住まい』をつくる

 ・限られた空間に、最良の質を有する住まいを提供する

 ・厳しい条件の中で「最適解」を見出せる力量を持つ

>>田中工務店の保証(OM総合保証による3つの保証+短期保証)もご覧ください

 

田中工務店事務所のご案内

2F事務所 1F木材加工場 3F常設展示室 OMソーラー

田中工務店

2F事務所 1F木材加工場 3F常設展示室 OMソーラー

 

 

▲ページTOP