MENU

閉じる

長期優良住宅

構造

田中工務店の家づくりのテーマは、「住み継ぐ家をつくり継ぐ。」
これをより良い形で実現するために、
田中工務店では長期優良住宅に取り組んでいます

 

平成20年度「長期優良住宅先導的モデル事業」(国土交通省)に採択されています

東京家づくり工務店の会

田中工務店は「東京家づくり工務店の会」に参加し、その会で申請した「東京/森の木の家プロジェクト」が平成20年度(第2回)の「長期優良住宅先導的モデル事業」(国土交通省)に採択されました。 この先導的モデル事業の採択により、田中工務店でつくる長期優良住宅の施主様には、国から補助金(最大200万円)を受けることなどのメリットが受けられます。

 

なぜ長期優良住宅なのか? 

なぜ長期優良住宅なのか?

今までの日本は「つくっては壊す」という家づくりでした。

そこで、「いいものを長く大事に使う」という家のあり方へ変えてゆく為、国は「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を平成20年12月に公布し、平成21年6月4日に施行しました。

この「いいものを長く大事に使う」という考え方は、「住み継ぐ家をつくり継ぐ。」という田中工務店の家づくりテーマと合致します。

田中工務店では、その法律に則り、長期優良住宅の要件にあう家づくりを進め、長持ちしてメンテナンスしやすく住まい手が安心して暮らし続けられる家づくりを提供していけるよう、長期優良住宅にいちはやく取り組んでおります。

さらに、「東京家づくり工務店」に参加して「長期優良住宅先導的モデル事業」にも採択を受けております。

▲ページTOP