MENU

閉じる

美しいデザインのための設え

 

屋根を美しく

屋根は単に雨露を防ぐだけでなく、壁、床とともに建築空間を囲い、熱、音、視線などを遮り、建築意匠を決定する重要な要素です。
日本のように雨の多い地域の屋根には勾配が必要です。

緩勾配、シンプルな形状、軒先が美しく感じられる家の風景が周辺環境に調和を与えます。

 

美しいデザインのための設え_01美しいデザインのための設え_02

 

バルコニーで変化をつける

敷地の外から見える風景をつくりだすために、外壁に木製ルーバーでバルコニーを設置したり、部分的に引き込みをつくって外観に変化を与えたり、形状を活かして袖側の壁を伸ばして、外観に奥行きをつくり出します。
それによって、外観を美しく整え、植栽の工夫と供に視線を遮る、家の中とのつながりを楽しむというメリットがあります。

 

美しいデザインのための設え_03美しいデザインのための設え_04

 

窓の高さ、庇の高さを揃える

庇や小庇の出っ張り部分は、外観を損ねないように薄くてシンプルなものを使い、目立たないようにします。庇と玄関戸の上端や、窓の高さ、窓の上端の小庇を揃えることで、外観のラインを整えます。

 

美しいデザインのための設え_05美しいデザインのための設え_06

 

 

施工例

 

美しいデザインのための設え_07
防火ラインの基準をクリアして、木製オリジナルの建具の玄関戸を設える。

美しいデザインのための設え_08
敷地の外から見える外観に植栽や、木製の雨戸、ルーパーをつけて外観に変化と奥行きをつくる。

 

美しいデザインのための設え_09
既製品の雨戸を板張りにして、外観の美観を向上させる。

美しいデザインのための設え_10
天井と玄関戸の高さを揃え、柱と玄関戸の素材を揃えることで、外観のラインと印象を整える。

美しいデザインのための設え_11
木製ルーパーのバルコニーを設置し、ガルバリウムの外壁にアクセントをつける。

 

美しいデザインのための設え_12
玄関の庇は薄くてシンプルなものを使い、玄関戸と同系色でまとめることで一体感を出す。

美しいデザインのための設え_13
外壁との防火性能をクリアした、スリットの入った前面枝張りの玄関戸。

美しいデザインのための設え_14
既製品の雨戸を板張りにして、外観の美観を向上。

 

▲ページTOP