MENU

閉じる

心地よく設える

パッシブデザイン

心地良さを設える_11

住まいに取り込むことのできる自然エネルギーを最大限に生かして、自然の中に居るような心地良さを生み出す設計手法を「パッシブデザイン」といいます。
太陽の光が気持ちよく降り注ぎ、窓からは心地良い風が住まいの隅々を通り抜け、寒い冬の夜は、昼間の太陽の熱を家の中に取り込んで暖かく過ごし、夏の暑い日でもなるべくならエアコンにたよらずに暮らす。熱や空気をデザインするという発想の設計によって心地良い温熱環境と省エネを両立させます。

心地良さを設える_02  心地良さを設える_03

 

 

心地良い風を通す

心地良さを設える_06 心地良さを設える_07

窓は光と風を通す重要な部位ですが、都市部では隣家が近く視線にさらされるなど、どこにでも窓を設えることはできません。
また構造壁の配置によっても位置や大きさが制限されます。視線を遮りながらも採光や通風を有効にするために、天井付近(高窓や天窓)や床付近(地窓)に設けることがあります。
低い所から高い所へ流れる風や空気の性質を利用し、縦方向に風を通して天井付近の熱を外に逃がすことができます。
対面する双方向に窓を設けて風の道をつくることも通風には有効です。

 

心地良さを設える_04
リビングの壁面は高窓、階段下には地窓、階段植には腰窓と高低差のある窓が相互に風を通す。

心地良さを設える_05
リビングの吐き出しの大きな窓の対角線上には小さな高窓があり、換気をうながせる。階段下の地窓、階段植の腰窓ともつながり横方向だけでなく、縦方向にも風が通る。和室にも同様に対角線に窓が配置されているので、室内で換気ができる。

 

 

夏の日射遮蔽を考える

心地良さを設える_08
十分な軒の出は雨から外壁を守り、軒の作る日影は家全体の温度環境を改善してくれます。

光と風は、季節や時間に応じて変化します。
夏を涼しく過ごすためには、太陽の熱を遮って、室温を上げる原因となる「熱」を家の中に持ち込まないようにすることが基本です。

軒や庇、落葉広葉樹などの植栽、すだれやルーバーなど、日射遮蔽と風通しの工夫により日射を遮り、風の通りを調整します。

 

 

 心地良さを設える_10

吹き抜けの上部に高窓を設け、側面の部屋からも光を取込む工夫でリビングを明るく開放的に。

 

 

コストバランスを考える

住まい手の価値観に合わせ、暮らしに必要な要素を満たし、住み継がれる家をつくるには、コストをかける所とかけない所の見極めも重要です。

見えなくても丈夫な構造も満たすために構造材の品質を見極め、階段の側桁や段板には無垢材を使い、素材を統一し、造作の納まりを工夫する。無理や無駄のないコストバランスを考えた設計と施工によって、良質な空間と周辺環境が調和する住まいを設える。これが「心地良く設える」ことだと考えています。

 

心地良さを設える_09

仕上げ材、色、造作、家具はその種類をできるだけ少なく抑え、すっきりとした納まりに。 
    

 

▲ページTOP