MENU

閉じる

設計デザイン

設計デザイントップ

 

そこに住まう人達の要望をかなえ、長く快適に住み続けるためには、安心のできる自然素材と、自然エネルギーを最大限に活用した本質的な心地よさをつくりだす設計力、そして設計の意図を読み取り、細部にまで創意工夫する手の技術である施工力が必要です。

 

田中工務店では、住まい手の個性や感性を大切にし、敷地の条件を家の魅力にして、「長い時間で考える」という発想で、街にも暮らしにもなじむ、環境に配慮した価値のある住まいづくりに取り組んでいます。

 

 

東京で建てる木の家 設計コンセプト

・耐久性のある自然素材を使い、時間の経過にも愛着を持てる住まいであること。
・自然エネルギーを活用した快適で、省エネルギーな住まいであること。
・職人の技術が生かされた、ひと手間かけた住まいであること。

  • 敷地を読むことから始まる

    Exif_JPEG_PICTURE

    敷地を正しく読み取ることは、プラン作りにおいて最も重要な要素です。 敷地の特製をつかむと同時に、住まい手にとって大切にしたいもの、予算のバランス、一つ一つの条件を整理していくうちに住まいの骨格が見えてきます。

  • 心地よく設える

    心地良さを設える_11

    住まいに取り込むことのできる自然エネルギーを最大限に生かして、自然の中に居るような心地良さを生み出す発想の設計によって心地良い温熱環境と省エネを両立させます。

  • 美しいデザインのための設え

    美しいデザインのための設え_02

    美しい屋根を設える、バルコニーで変化をつける、窓や庇の高さを揃えるなどの工夫から美しい外観を実現します。

  • 広く住むための設え

    広く住むための設え_01

    窓や家具、照明、エアコンなどの配置を上手に調整することで広がりや安定感をつくり出します。建具や窓を直線上に配置して視線の抜けをつくり、床材を統一して連続させると空間を広く見せることができます。

  • 気持ちのいい吹き抜けを設える

    気持ちのいい吹き抜けを設える_04

    田中工務店では、構造計算など理論的な裏付けを取り、安心感のある構造の吹き抜けを作ります。 また熱や空気の流れをしっかりと把握して、快適な温熱環境を作り出すことにも配慮します。

  • 階段を楽しむ

    階段を楽しむ_04

    階段は、手摺りなど安全に移動できる機能を持たせながらも、視線の抜けや光や風を取込んだり、造作で棚をつけたり、空間に一工夫を加えることによって家全体を豊かにする名脇役です。田中工務店では、階段も大工の技職人によるオリジナルの設えで家全体の表情や質を豊かにします。

  • 天窓を活かす

    天窓を活かす_05

    天窓を活かすことにより、風の流れと自然光を取り入れることができます。

  • 空間に合わせてつくる建具

    空間に合わせてつくる建具_05

    田中工務店では、引き戸の知恵や効用を活かし、空間に合わせたオリジナルの建具を提案します。

  • 職人の手技を組み合わせる

    職人の手技を組み合わせる_01

    最も防水性能が必要となる浴室と洗い場、洗面台を既製品と職人の手技をうまく組み合わせることによって、自然素材の良さと既製品の性能を併せ持つオリジナルをつくることができます。

  • 大工がつくる家具

    大工がつくる家具_07

    田中工務店では、空間に合わせて大工が家具まで造ります。 造り付けの家具も造作工事をする大工が一連の木工時の中で施工をするため、手技を活かした独自の意匠で、スペースにぴったりときれいに収まります。

  • オリジナル造作キッチンをつくる

    オリジナル造作キッチンをつくる_01

    造作キッチンをオーダーでつくる意味は、家族のコミュニケーションや暮らし方を考えた理想とする形を自由に設計できることにあります。

▲ページTOP